top of page

21g」

galarie wa2 青山 東京

今から100年ほど前、魂の重さが21gだと、米国の医師の実験によって信じられていました。

目に見えない「魂」という存在を具象化し、重さも含めて鑑賞できる展示にいと考え、全ての作品の重さを21g統一しました。

オブジェの軽さを再び感じてもらえるように展示後に購入者に発送しました。

"21g"

galarie wa2 Aoyama Tokyo

About 100 years ago, American doctors believed that the weight of the soul was 21 grams.

I wanted to embody the existence of the invisible "soul", and I wanted to make an exhibition that can be appreciated including the weight, so I unified the weight of all the works to 21g.

I sent it to the buyer after the exhibition so that you could feel the lightness of the object again.

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/10
©rie matsuara

© 2018rie matsubara

bottom of page