top of page
検索
  • riematsubara

「光のとこにいてね」発売になりました


「光のとこにいてね」発売になりました。

カバー撮影では、この小説の予告編を作るような現場に立ち会わせていただきました。

私は自分の作ったオブジェをそこに置いて、さながらモデルのマネージャーさんになったような気分を味わったのでした。

この本に関わらせていただいて幸せです。カバーも、勿論中身も美しい本なので、是非、実際にお手に取って頂けたら、と思います。


「光のとこにいてね」

一穂ミチさん著

デザイン:大久保明子さん

写真:深野未季さん

編集:柘植学さん

本文イラスト:上楽藍さん

オブジェ:マツバラリエ

文藝春秋社刊

最新記事

すべて表示

20年も前に出版された拙著 が電子書籍化されました。 「美しい」って何だろう?と言う疑問をイラストで解説していております。 ルッキズムが問題視されるようになった現代に、改めて読み返すと、自身が頷いたのであります。 データの関係で20年前のプロフィールになっており、浦島太郎気分を味わいました(涙) ASIN ‏ : ‎ B0BFVQ369S 出版社 ‏ : ‎ PHP研究所 950円 Amazonの

bottom of page