top of page

works

「再生」「視点を変えること」「物語」をテーマに、

使用済みコルクなどの廃材を使った作品を制作しています

​​With the themes of "regeneration", "changing perspective" and "story",

Works using waste materials such as used cork

F4617ECA-E821-4E7E-88A1-AC07F817FA5B_1_201_a.heic
All right reservrd ©️rie matsubara

​ペン先のクチバシを持つ白鳥
he swan with a pen tip instead of a beak

​ペン先をクチバシに見立てて、コルク素材で作った白鳥シリーズです。白鳥、とりわけ渡りの白鳥が好きです。何万キロと旅をする白鳥に、ペン先のクチバシでどんな旅だったか旅の記録を記してほしいと思って制作しました。

​This is the swan series made of cork material with a pen tip that looks like a beak. I love swans, especially migratory swans. I made it because I wanted a swan that travels tens of thousands of kilometers to record what kind of trip it was with the beak of the pen tip.

羽の音を聴くlisten to the sound of feathers

蓋がされた古いガラスの容器を古道具屋で見つけました。当初、蓋は錆びて開けられなかったので、容器の中の空気は、いつからここに居たのだろう?など容器の中の空気に色々聞いてみたくて、羽をぶら下げて羽の揺れで答えてもらおうと思い制作しました。聞いている人はシャンパンのコルクで出来ています。​I found an old glass container with a lid at a thrift store. At first, the lid was rusted and could not be opened, so how long had the air inside the container been here? I wanted to ask various questions about the air inside the container, so I made this product with the idea of hanging a wing and having it respond to the movement of the wing. Listeners are made out of champagne corks.

FA269753-E386-4E71-A93A-36415332CAF9_1_105_c.jpeg
天使/angel

空を飛べる鳥に憧れています。だから翼を持ったオブジェシリーズは作り続けています。
I admire birds that can fly in the sky. That's why I continue to make a series of objects with wings.

​壁を歩く猫、飛び出す犬
Cats walking on walls, dogs jumping out

一般的なオブジェは、床面に平行に自立して飾流の常です。でもシャンパンコルク2個で作った柔らかく軽い素材のオブジェだったら虫ピン一本で壁に簡単に刺して設置することができます。「小さな猫が壁を自在に歩いていたら?」「小さな犬が勢いよく壁から飛び出していたら?」それはきっと楽しいだろうなあ、という思いで制作しました。

​​General objects stand parallel to the floor and are always decorated. But if it's a soft and light object made from two champagne corks, you can easily stick it on the wall with a pin. "What if a little cat was walking freely on the wall?" "What if a little dog was jumping out of the wall?"

小さなルームメート/the tiny room mete

部屋の中の設のに小さな人形(ひとがた)を配置するとその空間に物語が生まれ、見慣れた空間が新鮮なものになることがあると思って作っているシリーズです。

​​This is a series created with the idea that placing small dolls (hitogata) in the interior of a room creates a story in that space, and makes a familiar space feel fresh.

「視点」と「物語」“Perspective” and “Story”

自身の制作のテーマである「再生」「視点」「物語」を具現化したシリーズ。平面の作品と立体作品(使用済コルク材)を絡めて「物語」が生まれ、また鑑賞する視点のポジションによって「物語」が変化する。
A series that embodies the themes of his own production, "reproduction", "viewpoint" and "story". A "story" is born from the combination of a two-dimensional work and a three-dimensional work (used cork material), and the "story" changes depending on the viewing position.

​12分の1の兎       1/12rabbit

干支を毎年取り替えられるオブジェを作りました。フレームは12支に因み12角形になっています。おめでたいものなのでお祝いの席で使われたシャンパンのコルク三個で作っています。
I made an object that can replace the zodiac every year. The frame has a dodecagonal shape because of the 12 branches. It's a celebratory one, so I made it with three c

浮遊/floating

コルクという素材で主に作品を作っていて思うことは軽さと弾力性です。その特性を活かして糸で吊るして揺らめくオブジェシリーズを作っています。時間を経たフレームにオブジェを縁取ってもらいそれぞれの動きを見せてくれています。What I think about when I mainly make works with the material cork is lightness and elasticity. Taking advantage of its characteristics, we are making a series of objects that are hung with threads and swaying. The objects are framed in a frame that has passed through time, and each movement is shown.

21g

今から100年ほど前、魂の重さが21gだと、米国の医師の実験によって信じられていました。
目に見えない「魂」という存在を具象化してみたいと、作品の重さを21gにして制作したシリーズ。
軽いコルク素材だからこそある程度の量感が可能になったと思います。
About 100 years ago, American doctors believed that the weight of the soul was 21 grams.
I wanted to embody the existence of the invisible "soul", so I created a series with a weight of 21g.
I think that a certain amount of volume was possible because of the light cork material.

bottom of page