top of page
  • Instagram

blog

  • 執筆者の写真riematsubara

更新日:2022年12月22日


文藝春秋社100周年のオンラインフェスで、何度かお仕事をさせて頂いた装丁家の大久保明子さんと阿川佐和子さんの装丁についての楽しい対談の映像が配信されたので、

お知らせします。

私も長く本と関わってきたつもりでしたが、知らない事だらけでした。

39分あたりから私のオブジェが使われた、

小説「光のとこにいてね」の装丁についての話になっております。阿川さんがオブジェの事を「ボク」とおっしゃっているのが興味深かったです。

https://books.bunshun.jp/articles/-/7595.jp/articles/-/7595

#文藝春秋社#大久保明子 さん #阿川佐和子 さん #100周年#装丁 #直木賞候補

  • 執筆者の写真riematsubara

「光のとこにいてね」発売になりました。

カバー撮影では、この小説の予告編を作るような現場に立ち会わせていただきました。

私は自分の作ったオブジェをそこに置いて、さながらモデルのマネージャーさんになったような気分を味わったのでした。

この本に関わらせていただいて幸せです。カバーも、勿論中身も美しい本なので、是非、実際にお手に取って頂けたら、と思います。


「光のとこにいてね」

一穂ミチさん著

デザイン:大久保明子さん

写真:深野未季さん

編集:柘植学さん

本文イラスト:上楽藍さん

オブジェ:マツバラリエ

文藝春秋社刊

  • 執筆者の写真riematsubara

最近自分のH Pを全く更新していませんでしたが、久々に重い腰を上げました。

newsのページ追加しました。

bottom of page